緑茶 ほうじ茶 冷茶 紅茶

緑茶

  • ・茶葉 2g
  • ・湯 70~80cc

人数分の湯のみに分量のお湯を注ぎ80度くらいまで冷まします。
(ポットの温度設定を使うと冷ます手間なく便利です)

茶葉を入れた急須に冷ましたお湯を注ぎ、1〜1分半ほど待ってから湯のみに交互に残さず注いでください。

高級な緑茶ほど温度を低くすることで、渋みの成分が溶け込みにくくなりまろやかな味に仕上がります。

緑茶

緑茶/冷茶

  • ・茶葉 2g
  • ・湯 70~80cc

人数分の湯のみに分量のお湯を注ぎ80度くらいまで冷まします。
(ポットの温度設定を使うと冷ます手間なく便利です)

茶葉を入れた急須に冷ましたお湯を注ぎ1分蒸らします。茶葉が開き、少し濃いめに出たところで氷の入ったグラスに回しながら注ぎ分けてください。

氷が溶けてちょうど良い濃さになります。

緑茶/冷茶

緑茶/水出し煎茶

  • ・茶葉 5g
  • ・水 70cc

人数分の分量の茶葉に、70cc×人数倍の量の水と氷をいれて冷蔵庫で15分ほど置きます。

たったそれだけですが、味わい深くすっきりした味わいに仕上がります。

緑茶/水出し煎茶

ページ先頭へ戻る

ほうじ番茶/かへえ番茶

  • ・茶葉 10g
  • ・湯 300cc

大きめの急須に、茶葉をたっぷり10g入れ、沸騰させた熱いお湯を300cc注ぎます。2〜3分ほどゆっくり蒸らしてからお飲みください。
天日干し製法独特の、苦みや渋みの少ないあっさりとしたお味です。

ほうじ番茶/まほろば

  • ・茶葉 4g
  • ・湯 100cc

急須に茶葉を入れ、沸騰させた熱いお湯を注ぎます。
お好みにより1〜1分半蒸らし、急須にお湯が残らないよう注いでください。

ほうじ番茶

ページ先頭へ戻る

水出し番茶

  • ・茶葉 15~30g
  • ・水 1リットル

冷茶ポットにお水1リットルに対して15~30gの茶葉を入れ、冷蔵庫で一晩かけて抽出します。茶葉は漉してお飲みください。


ティーパックをご使用になられる場合は、なるべく大きめのものを選び、パックの中でも茶葉が充分開くようにしてください。

好みに応じて茶葉の分量は変えてください。濃く出過ぎた場合は氷やお水で調整してください。

水出し番茶

ページ先頭へ戻る

倭紅茶

  • ・茶葉 2~3g
  • ・湯 130cc

ティーポットはあらかじめ温めておきます。
人数分の茶葉を入れ、沸騰したてのお湯を注ぎ、ポットカバーなどで保温したまま5〜10分蒸らし、お湯が残らないように注ぎ分けます。

時間を長くとることで甘みが増し、渋みが少なくなります。ストレートでも飲みやすく、優しい味に仕上がります。

倭紅茶

ページ先頭へ戻る

玄米茶

  • ・茶葉 2~3g
  • ・湯 70~80cc

急須に人数分の茶葉を入れ分量の熱湯を注ぎます。
※香りを出すために熱湯を使います。

1分ほどしてから残さず注ぎ分けてください。

嘉兵衛の玄米茶は玄米の割合を抑え、緑茶の風味を活かした仕上がりです。

玄米茶

ページ先頭へ戻る